40代『ジャケパンスタイル』のおすすめ

40代『ジャケパンスタイル』のおすすめ
スポンサーリンク
Advertisement

 

 

ジブンの好みはジャケットスタイル。いわゆる、ジャケパンスタイル(もしくはジャケスラスタイルと呼ばれているものです。スーツのように上下がセットになっているのではなく、ジャケットとパンツ(もしくはスラックス、またはトラゥザーズ)をバラバラで着るスタイルのことです。

 

初めてスーツを着たのは、高校の卒業式。振り返ると、全く知識がありませんでしたので、今ならやらない着こなしをしていました。その後、リクルートスーツ、新社会人と歩みますが、スーツのスの字も知らないで着ていたなと思います。つまり、スーツを着こなしているのではなく、スーツに着られているといった感じでした。そんなジブンも、オヤジ 世代になり、最近では、昔よりはスーツのいろはが理解できるようになってきました。そして、今、一番好きなスーツスタイルが、冒頭でも述べましたジャケパン(ジャケスラ)なのです。

 

最大の理由は、フォーマルでありながらも遊びゴゴロがあるスタイルだなと感じるからです。また、着こなしの幅が広くてさまざまなバリエーションを楽しめるからです。

 

40代はいわゆるベテランと呼ばれる年代。やはり、落ち着きや気品などの内面に磨きがかかる年頃ではないでしょうか?そのような内面を最大限に引き出してくれるスタイルがジャケパン(ジャケスラ)だと思うのです。

 

フォーマルであり、エレガントでもあるのですが、遊びゴゴロとしてのカジュアル要素もある。そして、アクティブな印象を与えるスタイルだと感じる。

中身がとてもステキな人ほど、外見で損をすることは、とてももったいないことだなと思います。素敵なオヤジ世代に一番おすすめしたいスタイルです!きっと女性、子ども、お年寄りウケも良いのではないかなと思うのです。(統計取ったわけではありませんので、勝手な憶測です)

  

先日、母親がダウンを購入するのに付き合いました。普段の口癖は、「もう年寄りだから着るものなんて何だっていいのよ」ただ、いろいろ試着して、ジブンも意見を伝えたりしながら、最終的に選んだとき、母親は笑顔でとても楽しそうで嬉しそうでした。

また、友人の財布選びに付き合ったときのことです。友人の口癖は、「もう若くはないし、ファッションなんてどうでもいい」ただ、選んでいるときは楽しそうで、最終的に決めたときは、とても嬉しそうな笑顔でした。その後会ったときに財布のことを聞くと、嬉しそうに話す姿が印象的でした。

 

ファッションに興味ないっていう人のコトバを、ジブンはそのまま捉えないようにしています。そんなことはないんじゃないかなと思うんです。きっとその人それぞれのジブンスタイルがあるんじゃないかなって。そんなそれぞれのジブンスタイルを最大限引き出せたらすごい嬉しいな~っていつも考えています。

 

外見は、一番外側の中身じゃないかなと、解釈しています。だから、ファッションでマインドは一瞬で変わるし、逆にマインドがファッションに投影されていると感じることがあります。おしゃれは、若者だけのものでもないし、女性だけのものでもないよなって、思います。ジブンみたいなオヤジだって、両親みたいなお年寄りだって、おしゃれを楽しみたいんじゃないのかなって、感じます。

 

ファッションを楽しみ、学び、真似て、感じることは、とても人間らしいし、ココロが豊かになれると信じております。そしてジブンを表現できている人が、スタイルのある人ではないかと考えています。そんなスタイルのある人を目指しております。

 

個人的にこの感じすきです!
個人的にこの感じすきです!

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます(^^)

ZAKI/ザキ(@zakizaki0206)でした。

本日もジブンスタイル/JIBUN STYLE LOG〜人生はスタイル次第、外見は一番外側の中身です!にご訪問いただきありがとうございます!とても嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ファッションカテゴリの最新記事