モノ

【初心者向け】スーツスタイルがおしゃれに見える3つの方法!

『洋服はサイズが命』という基本

デザインがどうのこうの、色がどうのこうの、その前にとても大事なことは「サイジング」だと思います。誰にでもできることなのですが、実際にできている人は少ないのが現状だと感じます。特にスーツに関していうと、体型より大きいサイズを着ている人が圧倒的に多いです。

 

簡単にいうと、自分の体型を隠すのではなく、自分の体型を出すことを意識した方がいいと思います。今持っている洋服のサイズを調整するだけで、確実に「洋服に着られている感」から「洋服を着こなしてる感」に移行しますので、それだけで十分におしゃれに見えます。この機会にサイズの見直しをしてみてはいかがでしょうか?見直す3つのポイントを書いていきたいと思います。よかったら是非、参考にしてみてください。

2018年5月9日加筆・修正・追記しました。

 

サイズを見直す3つのポイント

袖丈

Yシャツは、必ずジャケットより1〜1.5cm見えるようにする。

 

大きすぎるジャケットを着ている方は、Yシャツがジャケットの袖に隠れて見えません。もうそれだけで、ヤボったく見えてしまいます。今、ジャケットの袖丈は購入したお店でもリサイズできますし、街の洋服のリフォーム屋さんでもできます。

 

詰め方は2種類ありまして、「袖側」から詰める方法と、「肩側」から詰める方法があります。袖から詰めた場合、ボタンの位置バランスが悪くなりますので、ボタンの位置もズラす必要があります。また、ボタンが本切羽の場合は肩から詰めることになります

 

ちなみに、本切羽とは下の写真のようなことをいいます。

 

↑本切羽(ボタンが外れた状態)

 

↑本切羽(ボタンをとめた状態)

 

 

着丈

↑お尻を出す!

 

お尻が全部隠れるジャケットを羽織っている方が多いです。お尻は見せましょう!その方がヤボったく見えません。お尻半分見せぐらいがちょうどいいかもしれません。脚が長く見える効果もあります。逆にジャケットでお尻を隠す人は、脚が短く見えます。どんどんお尻見せましょう!

着丈もお店でリサイズしてもらえます。

 

裾丈

↑裾丈

 

裾丈はリサイズしてもらう方が多いと思います。ただ、長過ぎる方が多いです。よくハーフクッションと聞きますが、それよりも短めでも全く問題ありません。ひきずるくらい長い裾丈は、ヤボったく見えます。

 

まとめ

たったこれだけと思われた方もいるかもしれません。ただ、たったこれだけのことができていない人が多いです。ダボダボとゆったり過ぎであったり、ピチピチとタイト過ぎであったりと。。。ジャストサイズの洋服を着るだけ、ただそれだけでおしゃれに見えます!スタイリッシュに見えます!スマートに見えます!サイズさえ間違わなければOKです。他のことはあまり気にしなくても大丈夫です。ジャストサイズの洋服を着る基本を抑えてから、次のステップに移行しましょう!

 

 

記事が気に入ったら
いいね!しよう

【2018年ジャケット選び!】春夏に最適なこの一着!『コードレーン・ジャケット』前のページ

ビジネスシーンでキャメル色の靴を履く効能次のページ

ピックアップ記事

  1. 履いて楽チン♪ だけど、しっかりドレッシー♪ ヘビーローテーション間違いな…
  2. ムーブメントの鼓動を感じる。機械式時計「ORIENT STAR(オリエント・スタ…
  3. 厳選!永く愛用できる名刺入れ(カードケース)5選
  4. 大人のためのメガネ選び。機能性重視の999.9(フォーナインズ)
  5. 「楽なことは正義」UNITED ARROWS ドレススニカー到着!

関連記事

  1. モノ

    履いて楽チン♪ だけど、しっかりドレッシー♪ ヘビーローテーション間違いなし! ビジネスで重宝…

    最近はクールビズもかなり浸透してきており、ビジネスのカジュアル化が進ん…

  2. モノ

    仕事を楽しめていない人、必読!『PLAY・JOB』ポール・アーデン著

     『PLAY・JOB』ポール・アーデン著仕事、楽しんで…

  3. モノ

    出版・広告業界で働く私の文房具アイテムを紹介します

    基本的に事務用品は、会社から全て支給されます。ただ、自分が気持ちよく仕…

  4. モノ

    iPhone5からiPhoneXに変えて感じた13のこと

    iPhone5 32GB silverからiPhoneX 32GB s…

  5. モノ

    【スタイリッシュで機能的な筆記具】 PARKER 5th インジェニュイティ・スリム

    『書くことは人間の至高の営みである』医学者アリス・W・フラムテ…

最近の記事

最近の記事

  1. 大人のためのメガネ選び。機能性重視の999.9(フォーナイン…
  2. 「楽なことは正義」UNITED ARROWS ドレススニカー…
  3. 履いて楽チン♪ だけど、しっかりドレッシー♪ ヘビーロ…
  4. ノンデザイナーが企業パンフレットのグラフィク・デザイン制作を…
  5. 出版・広告業界で働く私の文房具アイテムを紹介します
  1. コラム

    服装・洋服・ファッションがもつ力について考えてみる
  2. モノ

    人間の思考を理解するためのフレームワーク『マインドタイム』〜思考・時間スタイル論…
  3. モノ

    「楽なことは正義」UNITED ARROWS ドレススニカー到着!
  4. モノ

    『カフスリンクス』のすすめ(Yシャツのボタン止めが苦手な方)
  5. ファイナンス

    ソニー銀行 Sony Bank WALLETを使って感じたこと
PAGE TOP