モノ

【初心者向け】スーツスタイルがおしゃれに見える3つの方法!

『洋服はサイズが命』という基本

デザインがどうのこうの、色がどうのこうの、その前にとても大事なことは「サイジング」だと思います。誰にでもできることなのですが、実際にできている人は少ないのが現状だと感じます。特にスーツに関していうと、体型より大きいサイズを着ている人が圧倒的に多いです。

 

簡単にいうと、自分の体型を隠すのではなく、自分の体型を出すことを意識した方がいいと思います。今持っている洋服のサイズを調整するだけで、確実に「洋服に着られている感」から「洋服を着こなしてる感」に移行しますので、それだけで十分におしゃれに見えます。この機会にサイズの見直しをしてみてはいかがでしょうか?見直す3つのポイントを書いていきたいと思います。よかったら是非、参考にしてみてください。

2018年5月9日加筆・修正・追記しました。

 

サイズを見直す3つのポイント

袖丈

Yシャツは、必ずジャケットより1〜1.5cm見えるようにする。

 

大きすぎるジャケットを着ている方は、Yシャツがジャケットの袖に隠れて見えません。もうそれだけで、ヤボったく見えてしまいます。今、ジャケットの袖丈は購入したお店でもリサイズできますし、街の洋服のリフォーム屋さんでもできます。

 

詰め方は2種類ありまして、「袖側」から詰める方法と、「肩側」から詰める方法があります。袖から詰めた場合、ボタンの位置バランスが悪くなりますので、ボタンの位置もズラす必要があります。また、ボタンが本切羽の場合は肩から詰めることになります

 

ちなみに、本切羽とは下の写真のようなことをいいます。

 

↑本切羽(ボタンが外れた状態)

 

↑本切羽(ボタンをとめた状態)

 

 

着丈

↑お尻を出す!

 

お尻が全部隠れるジャケットを羽織っている方が多いです。お尻は見せましょう!その方がヤボったく見えません。お尻半分見せぐらいがちょうどいいかもしれません。脚が長く見える効果もあります。逆にジャケットでお尻を隠す人は、脚が短く見えます。どんどんお尻見せましょう!

着丈もお店でリサイズしてもらえます。

 

裾丈

↑裾丈

 

裾丈はリサイズしてもらう方が多いと思います。ただ、長過ぎる方が多いです。よくハーフクッションと聞きますが、それよりも短めでも全く問題ありません。ひきずるくらい長い裾丈は、ヤボったく見えます。

 

まとめ

たったこれだけと思われた方もいるかもしれません。ただ、たったこれだけのことができていない人が多いです。ダボダボとゆったり過ぎであったり、ピチピチとタイト過ぎであったりと。。。ジャストサイズの洋服を着るだけ、ただそれだけでおしゃれに見えます!スタイリッシュに見えます!スマートに見えます!サイズさえ間違わなければOKです。他のことはあまり気にしなくても大丈夫です。ジャストサイズの洋服を着る基本を抑えてから、次のステップに移行しましょう!

 

 

記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

  1. 「楽なことは正義」UNITED ARROWS ドレススニカー到着!
  2. ムーブメントの鼓動を感じる。機械式時計「ORIENT STAR(オリエント・スタ…
  3. ノンデザイナーが企業パンフレットのグラフィク・デザイン制作をして気がついた7つの…
  4. 履いて楽チン♪ だけど、しっかりドレッシー♪ ヘビーローテーション間違いな…
  5. 大人のためのメガネ選び。機能性重視の999.9(フォーナインズ)

関連記事

  1. モノ

    【裏技】モンブラン/MONT BLANC リフィール交換

    MONT BLANC(モンブラン)のファインライナーのリフィルです…

  2. モノ

    パンツ(下着)に表れるのは、知性?教養?品格?センス? いえいえ、その人のスタイルです!

    突然ですが、他人のパンツ(下着)は気になりますか?人から見えないと…

  3. モノ

    臆病者の私に勇気を与えてくれる1冊!それは、ポール・アーデン

    大事なのは今のあなたじゃない、この先、どのくらい上を目指そうと思ってい…

  4. モノ

    モダンとクラシカルが融合したメガネ!オリバー・ピープルズ/OLIVER PEOPLES

    私のような北海道に住む40代でなければわからないかもしれませんが、…

  5. モノ

    iPhone5からiPhoneXに変えて感じた13のこと

    iPhone5 32GB silverからiPhoneX 32GB s…

最近の記事

最近の記事

  1. 大人のためのメガネ選び。機能性重視の999.9(フォーナイン…
  2. 「楽なことは正義」UNITED ARROWS ドレススニカー…
  3. 履いて楽チン♪ だけど、しっかりドレッシー♪ ヘビーロ…
  4. ノンデザイナーが企業パンフレットのグラフィク・デザイン制作を…
  5. 出版・広告業界で働く私の文房具アイテムを紹介します
  1. モノ

    『超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉』 心の琴線に触れた22の言葉
  2. デザイン

    ノンデザイナーが企業パンフレットのグラフィク・デザイン制作をして気がついた7つの…
  3. モノ

    まるでジャージみたいに楽なスーツ!MACKINTOSH PHILOSOPHY(マ…
  4. モノ

    モダンとクラシカルが融合したメガネ!オリバー・ピープルズ/OLIVER PEOP…
  5. コラム

    中流階級の象徴としての洋服『バーバリー』が消える日
PAGE TOP