ピンクのパンツが似合うのは40代からだぜ!オヤジのくせして、セクシーbutかわいい!オトコの色気を演出!

ピンクのパンツが似合うのは40代からだぜ!オヤジのくせして、セクシーbutかわいい!オトコの色気を演出!

今日、ピンクのパンツを購入した。ロールアップして履く前提の仕様になっている。

ピンクのパンツ いかがでしょうか?

 

え!ピンクのパンツなんて履けないよ!と感じるかもしれない。ただ大丈夫、安心していただきたい!

口が悪いけど、若い奴らにピンクのパンツは似合わない!実はオヤジこそが似合うのだ。ピンクという色が持つ意味は優しさ・母性・思いやり・繊細などだ。それに相反するオヤジが身にまとうことにより醸し出す、セクシーさ、かわいらしさが男の色気を演出する。

 

オヤジが身にまとうことによるギャップがうまい具合にイイ感じの着こなしになる。若い男や中性的な男が身にまとっても、フツー過ぎて面白みに欠ける。深みや味が感じられない。

 

ピンクのYシャツもそうだけど、ピンクのパンツも、40代以降のオヤジが着るにふさわしい!オヤジこそ着こなしたいカラーだ!オヤジよ!ピンクを身にまとえ!と声を大にして叫びたい。

 

んーどうだろ?と感じるだろうか? まずはこのコーデを見ていただきたい!

ネイビージャケットに合わせてみました!

ネイビーのジャケットとの相性は抜群にイイのがわかると思う。 イイ感じなのがわかりやすいので、こちらもご覧いただきたい。(参考:Italy web

 

オヤジが地味なカラーに身をまとうと、余計にオッさんぽく、よりショボく地味にみえてしまう!若者が地味なカラーを身にまとうのは全然OK!なぜならば、若さゆえの華やかさがあるから。だが、オヤジは違うことを自覚したい!そのままだと華がないのだ。 (内面や生き様から滲み出る表情などの魅力を引き出すカラーは人によって違う)

 

ジブンスタイルのキャッチコピーである『外見は一番外側の中身です!』このコトバの意味を考えたい。ファッションや装い、身なりは、ジブンの内面を理解する必要がある。逆に言えば、ジブンを理解できていない人は、不自然な格好をしている。

 

ジブンの内面を理解し、ジブンを表現することが、『外見は一番外側の中身です!』の意味だ。つまり、スタイルのある人ということ。それがジブンスタイル。そんなジブンスタイルを応援し合い、仲間になるサイトコンテンツがJIBUN STYLE LOGだ。

 

 ファッションは、決してお金持ちだけのものじゃないし、お金がなければできないものでもない。ジブンの内面としっかり向き合いジブンを理解し、ジブンを表現できる人のものだ。

 

トレンドも大事。トラディショナルも大事。クラシカルも大事。斬新さも大事。遊びココロも大事。TPOも大事。ジブンの好みも大事。

 

でも、一番大事なことは、会う人のことを考えること! おれファッションとかよくわからないしと感じる人もこれさえ理解していれば大丈夫だ!

 

コミュニケーションの目的は、人を喜ばせること。(ジェームス・スキナー氏『お金の科学』より)という定義を前提とすれば、装いもコミュニケーション手段のひとつだ。ゆえに、会う人を喜ばせるために装うことが一番大切だ。

 

想像してみていただきたい!ピンクのパンツを履くオヤジたちが増えた光景は微笑ましくないだろうか?自然と笑顔が増えそうじゃありませんか?ゆえに世界は楽しく、平和になる!女性、子ども、老人も喜ぶ。そんなオヤジたちに溢れる社会や世界は確実に楽しい!そう感じる。いかがだろうか?



ジブンが好きなコトバがある。『生きることは彩ること』

 

それぞれのジブンスタイルを受け入れあう世の中が最高だ!

 

ファッションに無関心な人はいない、ただジブンに関心がないか、他人に関心がない人がいるだけだ。

 

ジブンにも他人にも関心をもち、思うこと感じることを伝えあえば、お互い刺激にもなるし、影響も受けたり、与えたり、どんどん楽しくなるし、ワクワクしてくる!

 

ファションはパッション!

情熱的に生きたい!

Live with passion!

 

で、ピンクのパンツ履いてみませんか?

 

最後までご覧いただきありがとうございます! 

本日も『ジブンスタイル/JIBUN STYLE LOG〜人生はスタイル次第、外見は一番外側の中身です!』にご訪問いただきありがとうございます!とても嬉しいです!

ZAKI/ザキ(zakizaki0206)でした。

ジブンスタイル仲間募集中!あなたの魅力を最大限に引き出します!

共感いただけましたら

下記、Feedlyから読者登録いただけると大変嬉しいです! 

follow us in feedly

ファッションカテゴリの最新記事